工事担当が思う、電話回線の選びかた TOP

このサイトについて

電話回線とは、電話機や電話交換機を接続するための伝送路を指します。電話機や電話交換機だけでは、独立していて、電話としての機能を果たしてくれません。電話回線を通じて、はじめて電話のシステムは成り立つのです。基本的に、電話回線は、アナログとデジタルに分かれており、昔はアナログが主流でした。しかし、現在ではデジタル回線が発達し、ひかりケーブルやインターネット回線などを利用した電話システムが主流になってきています。さらに、それにより音声を伝達しているだけであった従来の電話システムとは異なり、さまざまなデータを大量に伝達できるようになりました。

電話回線は電話システムを構築するのになくてはならないものですが、利用するには工事を行ってもらわなければなりません。通信サービス事業を行う電話会社を「キャリア」と呼びますが、そのキャリアにはさまざまなものがあり、さまざまなサービスを提供しています。どのキャリアを選ぶかは、完全に消費者側の自由であり、用途に合わせた商品を選択していくと良いでしょう。また、電話回線を提供してくれる業者と、電話機端末を提供してくれる業者は、同一でないこともあるので、注意が必要です。

    工事担当が思う、電話回線の選びかた

    おすすめ情報

    経費削減に最適なプランが見つかるおとくラインのモバイル向けサービスを考えているなら、携帯電話や会社の固定電話のプランを見直すだけでコストダウンが可能なのでオススメです。
    契約電話回線から発信する際、一般の電話番号の代わりにフリーコール番号を相手先のナンバーディスプレイなど発信者番号表示機能のある着信側端末などに通知出来るのでオススメです。
    発信が多くコスト高になる社内連絡のコストを定額化することでコストの削減に繋がるおとくラインを考えているなら、FAX送信も同様の為、日報業務などが多い企業にとって、とてもオススメなサービスです。
    メーカーメンテナンスなので、メンテナンス時も安心して利用出来るリースのコピー機を探しているなら、スリープ状態から約10秒で立ち上がり、すぐに使用が可能な最新機種を基本料金を抑えつつ導入出来るのでオススメです。
    契約回線数に応じて、ビジネスグループ外への通話料・パケット通信料が10%~30%割引になるホワイト法人を考えているなら、ビジネスグループ内であれば国内通話が24時間無料になるのでオススメです。
    Copyright(C) 工事担当が思う、電話回線の選びかた All Rights Reserved.