電話回線3種類

電話回線の世界はデジタル技術が発達したことにより、幅広いサービスが可能になりました。しかし、それだけ、サービスが複雑化したということで、どの電話回線がどういったものなのかがさっぱりわからないという方も多くいらっしゃることでしょう。どの電話回線がどういったものなのかがわからなければ、電話回線の利用がしにくくなると思いますから、基本的な種類は把握しておくべきです。

電話回線は、主に「アナログ回線」、「デジタル回線(ISDN)」、「光ファイバー」に分かれます。また、ADSLというものもありますが、これはアナログ回線による通信技術に含まれます。ADSL回線などと呼ばれますが、回線自体を指す言葉ではないので、誤解しないようにしたいところですね。

「アナログ回線」は、昔からある電話回線で、銅線を利用して接続する方式です。銅線はローコストなので、登場してから急速に普及していきました。登場当初から、今になってまでほとんど回線内容は変わっておらず、ずっとわたしたちの電話生活を支え続けてきたのです。なんと黒電話の時代から利用されていたものであり、プッシュ式の電話が主流になってからも、変わらず電話回線として使われ続けています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 工事担当が思う、電話回線の選びかた All Rights Reserved.