デジタルと光ファイバー

電話回線は、主なもので、「アナログ回線」、「デジタル回線(ISDN)」、「光ファイバー」に分かれます。「アナログ回線」は昔ながらの銅線を伝わって音声を伝える方式の電話回線です。そして、「アナログ回線」に代わって最近普及してきたのが、「デジタル回線(ISDN)」、「光ファイバー」の2つとなります。

「デジタル回線(ISDN)」は、アナログ回線の時に利用していた銅線を応用した電話回線です。アナログ回線がすでに開通していれば、その銅線を利用するだけなので、導入するのがとても楽といえるでしょう。しかし、デジタル回線は、アナログ回線と異なり、銅線で音声を伝えるだけではありません。音声を0と1の信号に変換し、その0と1の信号が銅線によって伝えられます。

音声を0と1の信号に変換することで何か意味があるのか……ですが、さまざまなメリットが生まれます。たとえば、音声をキレイに伝えることができたり、回線を効率化することができたりします。

「光ファイバー」は、その名のとおり、光を利用した電話回線です。アナログ回線とデジタル回線は、電気を用いていましたが、「光ファイバー」は、光を走らせ、音声が伝えられます。光を利用することで、従来よりもさらに高速の通信が可能になりました。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 工事担当が思う、電話回線の選びかた All Rights Reserved.