回線の違い

電話回線には、「アナログ回線」、「デジタル回線(ISDN)」、「光ファイバー」があると言いました。しかし、「アナログ回線」と「デジタル回線(ISDN)」は何が違うのでしょうか。

実は、デジタル回線も、アナログ回線同様、銅線を使用して、音声を届けています。そのため、アナログ回線からデジタル回線に移行する場合、わざわざ銅線を引く必要がないので、手っ取り早く済みます。ただし、アナログ回線は電気だけを利用していましたが、デジタル回線の場合は、0と1の信号に音声を変換して、それを電気で届けます。アナログ回線は、音声をそのまま銅線に乗せて届けるのですが、デジタル回線は、音声を信号に変えてから、銅線に乗せて送り、相手のところで再び音声に変えられ、届けます。その分、セキュリティが高く、アナログ回線と比べて盗聴しにくくなりました。

また、デジタル回線の大きなメリットとして、音質のクオリティが向上することが挙げられます。アナログ回線の場合、原理的に長距離であれば長距離であるほど、通信が損なわれるものですが、デジタル回線ならば、長距離でも問題なく通信を行うことができます。それは、デジタル回線は音声をデータ化しており、外部からのノイズがほぼなくなっているからといえるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 工事担当が思う、電話回線の選びかた All Rights Reserved.