プッシュ回線/ダイヤル回線

電話回線にはプッシュ回線とダイヤル回線の2種類があります。プッシュ回線とダイヤル回線の2種類に分ける場合、「回線」という言葉を使うと「アナログ回線」、「デジタル回線(ISDN)」と混同してわかりにくくなりますが、要は電話番号の入力方式のことを指します。

プッシュ回線は、今では一般的な電話番号入力方式です。昔の黒電話のように回して行うのではなく、ボタンをピ、ポ、パと押して電話をかけるものです。デジタル回線が登場してからは、このプッシュ回線のみ採用されており、ダイヤル回線は出てきていません。

ダイヤル回線は黒電話のように回して行う、今ではまったく使われなくなった電話番号入力方式です。若い方は使用したことはもちろん、見たことがなくても珍しくないほどです。

よくある誤解として、「プッシュ回線」と「ダイヤル回線」を「アナログ回線」と「デジタル回線(ISDN)」といった回線と同列に扱ってしまうのが見受けられます。「プッシュ回線」は「アナログ回線」ではないとか、「デジタル回線(ISDN)」は「プッシュ回線」でも「ダイヤル回線」でもないとか、別物なのに同じものとして扱ってしまっているのですね。ただし、デジタル回線はプッシュ回線のみの採用なので注意が必要です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 工事担当が思う、電話回線の選びかた All Rights Reserved.